令和 3つの時代を生きるということ

  • 2019.04.05 Friday
  • 09:34

JUGEMテーマ:ニュース

 

その前に、お知らせです。

 

ご好評いただいております、光ケーブルで

モニタ/マウス/キーボードを長距離延長する

SK800-OPですが、内部デザイン変更のため

現在ご注文を一時ストップしています。


ご註文いただきましても、

 

「いつなら納品できます」という回答が

 

今のところできません。


ですので、大変恐縮ですが、下記の2機種で

そのリクエストにお答えします。

 

SK800-OPの姉妹品で全面パネルにアームを取り付け、

電源を内蔵したことで、ACアダプタが不要になった

SK801-OPです。

 

http://www.myshop.co.jp/spectre/nobita/sk801-op.html

 

SK800-OPの上位機種で最大20劼留篦垢魏椎修砲掘

USB2.0搭載でバーコードリーダーやタッチパネルなど、

マウス/キーボード以外のUSBデバイスも延長できる

SK209-USです。

 

http://www.myshop.co.jp/spectre/nobita/sk209-us.html


ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いします。

 

 


【令和 3つの時代を生きるということ】
 

「新しい元号は令和であります」

 

菅官房長官が緊張の面持ちで宣言したのが

平成31年四月一日。


この報道を聞いた時、「令和」が


“いい”とか“しっくりこない”とかという


条件反射的な反応よりも、


「いよいよ3つの時代を生きることになったんだなあ」


という感慨に似た感情がわいてきた

ことを覚えています。

 

 

街では号外を奪い合うなどというフィーバーが

起こっていたようですが、


私は、というと、

さして喜びもしなければ落胆もしておらず、

ただ坦々と


「時代が変わるんだ」

 

という

現実を受け入れていたような気がします。

 

 

昭和に生まれ落ち、青年時代を過ごし

平成という混沌の時代を何とか通過して、

「令和」という新時代を迎える。

 

 

過去を思うノスタルジックな感情と

待ち受ける未来に対する期待と希望と

漠然とした焦燥感。


これらがごっちゃ混ぜになって、

ただただ、呆然となったりしてました。

 

 

「な〜に何一つ変わらないさ」

って人は言うかもしれないけれど、

確かにそうだし、そうなのかもしれないけれど、

 

う〜ん、うまく言えないな


何かこう、

何事にも主体性がなく受け身な我々に

(特に私に)、

「キッカケ」をくれているような

気がするんですよね。


「ほら、踏み出してごらん」

ってね。


すみません。うまく言えません。

 

とにかく、すぐに来る新しい時代が希望に満ちた

時代になりますよう、

 

いいえ、ここは主体性をもって、

 

希望に満ちた時代にするべく、変わらないと思えることでも

手を抜かず取り組んでいきたい、と、こう思うわけです。

 

「またまた〜情緒的になっちゃって、

 結局何が言いたいんだかぜ〜んぜん分からないじゃん」


というツッコミが入りそうですが、


その通り。


私も何を伝えたかったのか解ってません。


ただ、何だろう、このモヤモヤ感は。

こんなこと思ってるのは私だけかなあ?

 

う〜ん、こんなモヤモヤした時には

早口言葉をやっつけてスッキリしよう。


月づきに月見る月は多けれど、月見る月はこの月の月。


(イェ〜イ)


って何が?


本日も最後までお付き合いくださいまして

ありがとうございました。

 

 

スポンサーサイト

  • 2019.07.24 Wednesday
  • 09:34
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    売れ筋情報商材ランキングTOP

    仕事ブログランキング

    ポチッとお願いします。

    人気ブログランキングへ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    わかっちゃいるけど、痩せられない―メタボの行動経済学 (生活人新書)
    わかっちゃいるけど、痩せられない―メタボの行動経済学 (生活人新書) (JUGEMレビュー »)
    古川 雅一
    なんで痩せられないのかを具体的に説明しています。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM