い、いて〜!

  • 2015.09.29 Tuesday
  • 17:07
9月24日。


この日は体調がイマイチで、食欲もなく、

自分の体が自分のものでないような、

なんだか宙に浮いているような、

なんとも言えない違和感があった一日でした。



仕事が終わっても食欲がわかなくて、

軽く軽食をとった後、シャワーを浴びて

さっさと床につきました。



就寝してまもなく、再度、なんとも言えない

違和感を覚え(たんだと思います)て目がさめました。



なんだろうか・・・と思った瞬間、

(い、痛て〜)

(うっ、気持ちわり〜)

が、同時に襲ってきて、慌ててトイレに駆け込みました。


(食事中だったらすみません)


その後、上下途切れることなく、

終りが見えないトイレ詣でが続きます。


(腹痛え〜、気持ちわり〜)

(なんか悪いもんでも食ったか・・・)

(お天道様に唾するほど悪いことはしてねえよな)


などといろんなことを考えながら詣でを続け、

そのまま朝を迎えました。



9月25日。


上下は落ち着いたものの、激しい腹痛と

気持ちの悪さは健在です。



なんとお茶を少し飲み込むだけで、

痛烈な痛みに

「カッハ〜ッ」

と溜息ともうめきともつかない息が漏れる始末。



もしかして腸捻転とかになってるのか?

(アホちゃいまんねん、腸捻転、って言ってる場合か。

しかもゴロが合ってねえ)


まさか、新型のノロウィルスなのか?


色んな事が頭を錯綜し、グルグルグルグル

様々な不穏な事態を想像させます。



それでも一応一日の仕事を終えましたが、

水分はお湯(さ湯)をチョビっとずつしか飲めず、

食事はまったく受け付けません。


これはいよいよ病院か。



9月26日。


覚悟を決めて近くの総合病院に電話をしました。


「はい、受付です。どうしましたか?」

「腹がモーレツに痛いんです。内科ですかね。」

(モーレツ?古い?)


「それなら、消化器内科がありますので、

そちらの受付にお回しします」


間を置かずに、


「はい、消化器内科受付です。どうされましたか?」

「腹がモーレツに痛いんですが・・・」

(も一回モーレツを)



「掛り付けのお医者様はいらっしゃいますか?」

「?????・・・いいえ」



「あの、こちらの消化器内科は紹介制でして、

お医者様の紹介状がないと診察できないんです」


(はあ?)



だったら最初の受付で言えよっ!と思いましたが、

腹が痛いのが幸いして、怒りも十分の一。


「ダメなんですか、こんなに苦しいのに?」


「そうですか、では診察料の他に初診料として

〇〇○○円追加されますが、それでもよろしいですか?」



(それでもって、オイオイ。

人を小馬鹿にした言い方はよしてくおんなまし)



丁寧な口調ですが、何かこう、突き放したような

冷たさが感じ取れました。



「それでいいですから、診察お願いします」

「でも、込んでますよ。

予約のお客様が大勢いらっしゃいますので

結構お待ち頂くことになりますが」


(はあ?PART2)



この消化器内科の受付のお嬢さん、どうしても私を

この病院へ招きたくないようです。



「どのくらい待つんですか?」

「どのくらいと言われましても、

正確な時間は申し上げられませんけど」



ということは、


来てみて待つか、それとも他の病院へ行くか

どちらか選択せよ、と。

あんたの腹の痛みなんざあ知ったこっちあゃない、と。

(まあ、そりゃあそうですけどね)



ここですんなり引き下がっては

男の血が泣きます。

(悪い癖がでました、なのか、腹が痛すぎたせいなのか)



「わかりました、行きます。行って待てばいいんですね」



10分に1回襲ってくる強烈な痛みに時々立ち止まりながら、

(陣痛のようです、って経験してませんよ男ですから)

トボトボと病院へ向かいました。




病院では「込んでますよ」とは裏腹に、すぐに呼ばれて

診察の後、脱水症状が出ているので点滴(ブドウ糖入り)、

点滴をした状態(点滴棒にぶら下げて自分で移動)で

レントゲンと血液検査を終了。



最後の診察で、お医者さんが、

「なにか悪いものでも食べましたか?」

と、一番きつい時に自分でも考えたような

質問を投げてきたので


「いいえ」


とだけ答え、


結果、血液では炎症マーカー(CRP)と呼ばれる数値は

あがっているものの


(基準値0.00〜0.30mg/dl、私5.47mg/dl)


その他は特に問題ないとのこと。

(かなり上がっているように思うのは私だけ?)


ノロでもなさそうだ、と。

(なんで分かる?好中球やリンパ球の値が普通だから?)



そんなこんなで、結局お薬2種類

(急性腸炎と吐き気ドメ)

を貰って帰ってきました。



その後、食事はお粥か、延びるほど茹でたうどん。

飲み物は、さ湯に梅干しを入れて少しづつ飲む。

お薬は言われた通り飲む。


これを繰り返して、今多少痛みが引いてきています。

(でも、痛いことは痛い。ピークほどではないですけど)




それにしても病院に行く機会が

あまりにも少ない私だからでしょうか?



あんな感じなんですか?病院の受付って。


え?人による?



そうかな〜、病院も組織である以上、

そこは少なくとも一定の対応のしかたとか

あるんじゃないかな〜とも思ったりします。



ずい分前に聞いたことがありますけど、

「受付の対応がいい歯医者さんは腕もいい」

って。


これって迷信ですかねえ。



ともあれ随分と痛みが緩和してきています。

食事も今週末には普通に戻れるかも、です。

(酒もいけるかな、フフフ、今禁酒してます)



なんといっても一番大きな変化は、

お粥ばっかり食べているので、体重が50kgを

僅かながら割り込みました。


50kgを割り込みましたので、わたくし、

本日を持ちまして、この業界を引退し

AKB48に入ります!


祝!AKB48です!わ〜い、おめでと〜!!!


(これは受け売り、人にご指摘いただきました、AKBに入れるね、と)

(私、AKBの存在は知ってても、誰が誰だかわかりません)



なんて、引退しませんし、引退できないんですよ。(トホホ)



皆様、引退までもうちょっとの間

(我慢して)お付き合いくださいませ。



本日も最後までお付き合いくださいまして、

ありがとうございました。
 
JUGEMテーマ:ビジネス
JUGEMテーマ:健康

スポンサーサイト

  • 2017.06.29 Thursday
  • 17:07
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    売れ筋情報商材ランキングTOP

    仕事ブログランキング

    ポチッとお願いします。

    人気ブログランキングへ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    わかっちゃいるけど、痩せられない―メタボの行動経済学 (生活人新書)
    わかっちゃいるけど、痩せられない―メタボの行動経済学 (生活人新書) (JUGEMレビュー »)
    古川 雅一
    なんで痩せられないのかを具体的に説明しています。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM