スポンサーサイト

  • 2016.07.04 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    • 2014.09.05 Friday
    • 14:38
    まだちょっと暑くなったりしますが、

    空気はすっかり秋ですよね。


    魚も美味しくなる季節です。

    でもサンマはちょっと

    まだ割高ですけどね。


    秋になったので少し高尚なメルマガを

    書こうかと「季語」を調べていたら

    こんな俳句に出くわしました。



    季語は初秋(はつあき)。

    初秋や 蝗つかめば 柔らかき

    (芥川龍之介)


    「蝗」?。


    なんて読むかわかりますか?


    (え〜こんなのも分からないの?

    なんて言わないでくださいよ。)



    昆虫が大好きな私も「???」。

    分かりませんでした。



    答えは「イナゴ」です。


    稲がたわわに実った田んぼの脇を通ると

    「ビョ〜〜〜〜ン」とものすごい勢いで

    あっちこちから飛び上がるアレです。


    そうバッタですね。


    虫ヘンに皇ですか。虫の皇帝ってことですか?


    まあ漢字の由来は各パーツの意味の足し算では

    ないことが多いので、ここでは触れません。

    (あ、また虫がついてる)



    (イナゴか〜、懐かしいなあ〜)


    上京してすぐの頃、小さな居酒屋の

    画びょうで壁に貼られた手書きの

    メニューを見ていた時のこと。


    そこには


    「イナゴ」


    とだけ書かれていて、


    海っぱたで育った私は

    (もちろん田んぼがありましたので

    捕まえて遊んではいましたよ)


    (まさかねえ〜、アレは食わないでしょ。

    イナゴって魚が関東にはあるんだよね、

    キット)


    と似た名前の魚を頭に思い浮かべていました。


    「イナダ」?

    「イサキ」?

    「イシナギ」?

    「セイゴ」?


    どんどん離れていきそうなので思い切って

    オヤジに聞いてみます。


    「この、イ・ナ・ゴって、何?」


    するとオヤジは怪訝そうな、というより

    あっけにとられたようなびっくり顔を

    私に向けたかと思うと、


    「これだよ」


    と、うつわに盛られた焦げ茶色の物体を、

    カウンターに座っている私の前に

    「トンッ」と置きました。




    焦げ茶色の物体には、程よく

    いい照りがついています。


    美味しそうな「佃煮」であることは

    すぐに分かりました。



    が・・・・・・



    その物体(塊と言ってもいいかもしれません)は

    複数の「アレ」の集合体だったんです。

    これ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


    写真はこちらから借りました。
    http://blogs.yahoo.co.jp/utsugi788/58442763.html


    しつこいようですが海っぱたで育た私は

    「アレ」を食べる習慣がなかったんです。

    (川魚も鮎、ヤマメ、イワナ以外は

    食べたことがありませんでした)



    「こ、これってイナゴ?」



    オヤジは、なに当たり前のこと言ってんの?

    とばかりに「食べる?」、とこれもごく

    当たり前の真顔で聞いてきました。



    ここで引き下がったら男ではありません。


    それに、聞いておいて

    「やっぱりいいや」なんて、

    冷やかし以外の何物でもないような気がします。



    「いただきましょう」


    もらいましたよ。躊躇を表に出さずに。



    私の前には小皿に取り分けられた

    照りのある茶色の「アレ」の塊。



    30秒ほどじっと見つめたあと、

    勇気を振り絞って一口!


    「オロ?オロロロ」


    箸が伸びます。ふた口目。


    「ん?香ばしい」


    そして三口目。


    「あれ?うまい、いけるね」



    「アレ」すなわち「イナゴちゃん」は

    ツマミにはもってこいの、香ばしさと

    甘辛さを兼ね備えた逸品だということが

    わかって感動しました。


    その時に初めて食べて、たまに出会うと

    注文したりしていましたが、最近は

    とんと出会わなくなりましたね。


    (長野あたりまで行くと出会えるのかな)



    海のない地域の貴重なタンパク源とは

    いうものの、普通はあまり美味しいものが

    無いのですが「イナゴちゃん」は美味いです。



    でも、あの見た目が・・・・って

    人もいるんですけどね。


    見た目も慣れれば人と一緒で

    気にならなくなります。


    (って、またひんしゅくを買いそうです)



    さて、今年も残すところ4ヶ月です。

    (強引に締めます。

    全然高尚な話にはなりませんでした)


    食欲の秋。旬の美味しいものを

    たくさん食べて鋭気を養って、

    一年を乗り切りましょう。



    本日も最後までお付き合いくださいまして

    ありがとうございます。
    JUGEMテーマ:ビジネス
    JUGEMテーマ:健康
    JUGEMテーマ:趣味

    スポンサーサイト

    • 2016.07.04 Monday
    • 14:38
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      それは食べられますか?怖い!
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << March 2017 >>

      売れ筋情報商材ランキングTOP

      仕事ブログランキング

      ポチッとお願いします。

      人気ブログランキングへ

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      わかっちゃいるけど、痩せられない―メタボの行動経済学 (生活人新書)
      わかっちゃいるけど、痩せられない―メタボの行動経済学 (生活人新書) (JUGEMレビュー »)
      古川 雅一
      なんで痩せられないのかを具体的に説明しています。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM